風俗体験入店での注意点まとめ

風俗体験入店で注意しなければいけないこととは? - 風俗体験入店の注意点

風俗体験入店の注意点

これから風俗体験入店をする人へ。
注意点がいくつかありますので知っておきましょう。

面接について

風俗体験入店をする場合は、面接とセットになっているケースが大半です。体験入店は、その名のとおり、お店がどのようなサービスを行っているのか、どのような客層なのか、客の入り等も含めて把握するために1日そのお店で働きます。大半は面接を受ける日に一緒に見学や体験をさせてもらえることになりますのでそのつもりをしておきましょう。心づもりをしておかないと、面接のあとに突然体験入店と言われて焦ることになります。

焦るとちゃんと見られない

焦ってしまうと見ておかなければいけないことも見ることができません。ですから面接の日に体験入店があるのかどうか、前もって確認しておくことも重要です。確認しておくことによって心づもりも出来るでしょう。

注意点について

これは一般的な面接でも同じことが言えるかもしれません。まず面接では身だしなみに配慮してメモ帳等、メモを取れるものを持っていきましょう。
hrste
事前に自分が質問したいと思っていたことがあるのであれば内容をまとめておくといいでしょう。質問したいことを事前にまとめておけばスムーズに聞くことができます。まとめていない人は、あとで聞けばよかったと後悔することにもつながりますので、そうならないようにするためにも事前に聞きたい内容をまとめておきましょう。体験入店では性的なサービスの講習を受けることもありますし、方法等も確認する必要があります。自分ができることできないことを明確にした上で行きましょう。
風俗体験入店に行く場合は前もって注意点を確認しておいたほうがスムーズに働くことができます。
実際に体験入店を風俗店で行う場合の注意点です。
どのようなことに注意するのか確認しておきましょう。

講習があるのか方法は?

風俗というのは仕事内容が男性に対して性的なサービスをすることになります。経験がある人もいるかもしれませんが、そのような経験がない人の方が多いでしょう。基本プレイというのがどのようなプレイなのか、オプションプレイがどのようなプレイなのかわからない人の方が多いです。そのために風俗店では事前に講習を行っているところが多いでしょう。基本的にはDVDを見て自分で習得するのですが、場合によっては口で説明を受ける、スタッフを相手に実際にやってみることもあります。講習制度の有無は事前確認しておきましょう。

体験入店が終了したら・・・

体験入店をしてみたらきっとスタッフから出勤するかどうかを聞かれるでしょう。ほかの仕事先と違う点は、自分で続けるかどうかを選べるのです。よほど面接の時点でお店側から採用されないということがない限りは、自分で来るかどうかを選ぶことができることが特徴です。働いてもいいと思ったのであれば、その場でそのことを伝えます。出勤方法などをその後確認する事となります。

出勤日はその場で決めたほうがいい

kuopu
もし予定がわかっているのであれば、体験入店時に出勤できる日を伝えて確定してきたほうがいいでしょう。働いている女性が多い風俗店では働きたくても働けない場合もあるので、早めに働く日を確保しておいたほうがいいのです。
これから体験入店を受ける人は、今紹介したようなことに注意して体験入店を受けましょう。体験入店の目的はスムーズに働けるようにすることと、仕事内容を知ることですので忘れないようにしましょう。

体験入店が出来る風俗求人なら【高収入ドットコム】稼げる体入速報はコチラ!
■http://www.kosyunyu.com/tainyu/

更新情報